よくある質問

KiaOra® (5)

粒の色や形にバラつきがあるのですが、品質の問題はないのでしょうか?

犬の食性や消化器官に適した肉原材料をできる限り多く配合しているため、粒の形状を安定させづらく、粒の大きさや形状にバラつきがある場合があります。また、肉原材料には、季節や収穫地により色のバラつきがあり、着色料を使用していないため、完成品にも色のバラつきが自然に見られることがあります。

Permalink.

粒に骨のようなものが刺さっているのですが、なぜですか?

肉食獣の食事に近づけるため、ミネラルの一部として骨をすりつぶして配合しているため、すりつぶしきれない小さな骨粉が粒の表面に出ているものがあります。原料の一部ですのでご安心ください。

Permalink.

ぬるま湯を入れても、ふやけるのに時間がかかります。

肉原材料を最大限配合し、でんぷん原料を最小限に配合しているため、ぬるま湯でふやかす場合、一般のキブルフードに比べて時間がかかります。

Permalink.

ZiwiPeakを与えていますが、Kia Oraと混ぜて与えてもいいですか?

はい、結構です。Kia Oraは、ZiwiPeakのコンセプトをもとに開発した独自処方のフードで、

①同じニュージーランド産のベニソン、ラム、グラスフェッドビーフを使用しており、肉原料の由来が同じです。
②自然放牧で飼育された家畜のお肉です。
③アレルギーに配慮して、使用するタンパク源を最小限に絞り、穀類は使用していません。
④イメージアップ目的や、効果が不確かな植物原料は、使用していません。

という点で両ブランド共通です。

Permalink.

子犬に与えてもいいでしょうか?

はい。Kia Oraは全ライフステージに適応したドッグフードですので、年齢に関係なくご使用いただけます。与える量のめやすは、体重と週齢からご確認いただけます。

http://backtobasics.jp/kiaora/howto/

また、まだ免疫力が不十分で、消化器官が未成熟な子犬には、ラクトフェリンと乳酸菌を配合することで、健康な腸内環境と免疫力をサポートする粉ミルクタイプのサプリメント(Barrier Milk)をご用意しています。とても嗜好性の高いサプリメントですので、Kia Oraドッグフードと合せてご使用をお勧めします。

Permalink.

BarrierMilk (8)

どのように使ったらいいですか?

Kia Oraその他のドッグフードのサプリメントして一緒に与えてください。与える量のめやすは、こちらを参考にしてください。

http://backtobasics/barriermilk/howto/

Permalink.

成犬に与えてもいいですか?

年齢に関係なく与えていただけます。Barrier Milkは腸内環境をサポートする乳酸菌と免疫力を助けるラクトフェリンを配合したサプリメントですので、通常のドッグフードに添加して与えていただくことで、より健康維持を助けることを目的としています。高齢犬にもお勧めします。

 

Permalink.

ラクトフェリンってなんですか?

ラクトフェリンは母乳に含まれるタンパク質成分で、とくに出産直後の初乳に多く含まれます。生まれおちたばかりの無防備な赤ちゃんの免疫力を助けることで知られています。バリアミルクは、牛乳に含まれるラクトフェリンを採取し、まだ不十分な子犬の免疫力をサポートします。

Permalink.

牛乳を与えても、ラクトフェリンの効果は得られますか?

ラクトフェリンは熱に弱いため、加熱殺菌処理をする市販の牛乳では、ほとんど摂取できません。そのため、高温で加熱加工するドッグフードの原料として添加することも難しく、サプリメントとして「Barrier Milk」をご用意しました。Barrier Milkに含まれるラクトフェリンは、子犬の腸までしっかり守って運ぶことができます。

Permalink.

乳酸菌はなんのために入れているのですか?

子犬のまだ未成熟な腸内環境をサポートするために添加しています。Barrier Milkが使用する乳酸菌は、原料メーカー独自の開発で、免疫力を高める乳酸菌を使用しています。腸から菌の侵入を防ぐことで腸内環境が改善され、自己免疫力が維持されます。また、毎日継続して摂取し続けることが、乳酸菌の効果を発揮させる大切なポイントになります。

Permalink.

クリーミングパウダーは何からできていますか?

牛乳から生クリーム(主に脂肪分)を分離してパウダー化したものです。自然なミルクの風味をそのまま生かしているため、非常に嗜好性が高いのが特徴です。溶解性に優れており、水またはぬるま湯で容易に溶かすことができます。いつものフードにかけて与えることで食欲の促進にも繋がります。

 

Permalink.

微粒二酸化ケイ素とはなんですか?

賦形剤として使用しており、造粒の際に流れをよくしたり、粒をつくりやすくする為に使用しています。食品添加物です。口から入っても、ほとんど消化吸収されず、そのまま出ていくため、体への影響はありません。

Permalink.

犬に牛乳を与えてはいけないのではないですか?

乳糖不耐症は、「アレルギー」とはまったく別のもので、アレルギーは少量の摂取で反応を起こしますが、「不耐症」は体の許容限度を超すような量の摂取でなければ障害はありません。

 

Permalink.